ドアホン交換

以前から交換したいと思っていたドアホンを交換しました。

交換した理由はドアホンとコードレス電話機を接続して電話機からドアホン着信音を鳴らしていたんですけど、応対はドアホン本体しかできない状態だったからです。

交換したドアホンは、パナソニックカラーテレビドアホンVL-SV190KPです。同社製ドアホンアダプターVE-DA10と組み合わせることによってパナソニック製の電話機のみですが電話機での応対ができるようになります。

3階建ての一戸建て住宅でドアホン親機があるのは2階のリビング。1階や3階にいるときにドアホン着信があると、いちいち2階まで行かなければならないのがとても面倒で・・・そんなことでめんどくさがるなよ!って思うでしょうけど度々だと面倒なんです。本当ですよ。

で、ドアホンの交換をしました。今までは白黒の画面で受話器を取って通話していたんですけど、今度はカラー液晶でハンズフリー。グレードアップです。

取り付けの様子を載せますんで、興味ない方も軽く流す感じでサラッと見てやってください。

パナソニックカラーテレビドアホン「VL-SV190KP」
拡大表示

購入したドアホンのパッケージです。

タロトデンキでジャスト\20,000(消費税、送料込み)でした。この機種は電源をコンセントから、又は直結の両方に対応しています。今まで直結していたので同じように直結します。

パッケージ裏面に設置方法などの記載がある
拡大表示

パッケージの裏に、簡単な接続方法が記載されています。

今まで使っていたものをただ単に交換するだけの作業ですから、特に難しいことはないでしょう。ドアホンアダプターを接続する方法は取説の最後の方に載っています。

ドアホン同梱品
拡大表示

セット内容のすべてです。

ドアホン親機、カメラ内蔵玄関子機、親機用取付金具、ビス類です。

電源ケーブルを取り外す
拡大表示

まずは、電源をコンセント接続するのではなく直結をするためにACプラグを取り外します。

親機の裏側にコードが接続されています。2本の線が接続されている穴の間にマイナスドライバーを挿してロックを解除し線を抜きます。

インターホンケーブルを外して本体撤去
拡大表示

古いドアホンを撤去します。

ブレーカーを落として無電源の状態にし、電源ケーブル、ドアホンからの線とドアホンアダプターに行く線を抜きます。

壁がかなり汚れてますね。まあドアホン外して掃除する、なんてことはしないので仕方ないです。汚れた壁を雑巾で拭いてキレイにします。

新しいドアホンの取り付け枠を設置
拡大表示

親機を取り付ける金具を取り付けます。

埋め込みボックスが設置されているので取付枠をつける要領でビスで固定。水準器をあてて水平を確認します。

電源ケーブル、インターホンケーブルを接続
拡大表示

親機にそれぞれの線を接続します。

ドアホンやドアホンアダプターからの線を接続する端子は速結端子なんですが、ちょっとやりづらいですね。まあいいや、なんとかできた。

親機をひっくり返して接続したので画像が逆さまですが、間違いではないですよ(^^)

電源ケーブル接続端子にはカバーを
拡大表示

電源ケーブルを挿している端子にカバーを取り付けます。

これで親機の接続は終わり。

既設玄関子機取り外し
拡大表示

次は玄関子機の設置です。

まずは既存の子機を撤去します。ここはボックスはなくて直接壁に取り付けていました。ビスを外せば簡単に取れます。

新設玄関子機取り付け枠取り付け
拡大表示

子機についている取付枠を固定します。

ビスの間隔は既存の物と同じなのでそのまま流用できます。ここでも水準器を使って水平を出します。

玄関子機本体取り付け
拡大表示

玄関子機に配線を接続し固定します。

接続端子は2つで無極性ですから、どっちにどの色の線を接続しても動きます。楽勝(^^)

ドアホン動作チェック
拡大表示

親機を取付、ブレーカーを入れて動作テストします。

無事正常に映りました。カラー液晶はキレイですが上から見下ろすとちょっと見にくいですね。まあでも全然問題ありません。

玄関子機のカメラ角度を調節
拡大表示

なんかポストが大きく映っちゃってるんで、カメラの角度を調節しました。

取付終了です。

これで、ドアホン着信にはどのフロアにいても対応できるようになりました。良かったです。

しかし以前に比べると価格の安さにビックリです。特殊な機能はないので当然なのかもしれませんが、オークションで探していた時の予算が\20,000でしたから中古を買う予算で新品が買えてしまいました。パナソニックさん、並びにタロトデンキさんいい製品をありがとうございました。

パナソニックからFAX受信できる電話機が登場

ウチはFAXを持ってないのでFAX送受信をするときはノートパソコンをテレホンモジュラの近くに持っていって電話線をつないでいます。送信するときはそれで十分でスキャナもあるので画像を取り込んで送信することも問題なくできます。

しかし受信となると、普段から電話線をパソコンにつないでいるわけでもなく、さらにいつも電源を入れているわけでもないので、いったん相手から「FAX送るよ~」という連絡をもらう必要があります。非常にめんどくさいし、相手にも気を使わせてしまいます。

そんならFAX買えばいいじゃん!となるわけですけど、ウチは電話機を壁掛けにして使っているので壁掛けに対応したFAXだったら導入しやすいんですけどなかなかないんですよ。以前パナソニックで壁掛けにできるFAX売ってたけど今はなくなっています。ドアホンとの関係でパナソニックしか受け付けないし・・・

そしたらFAX受信ができる電話機ってのが発売されているぢゃないですか!これ便利かもしれません。送信はできないけど受信は自動でしてくれる。留守番設定中はメッセージ/FAXを自動で切り替えてくれるし、着信対応したときにFAXだったら子機からでもFAX受信の指示ができる。なんて都合のいい電話機なんでしょう。ウチのようなFAX持っていない家庭にまさにぴったりです。

受信したFAXは液晶画面に表示され、プリントが必要ならSDカードにデータをコピーしパソコンから印刷。FAX用紙やインクをセットする必要もないのでランニングコストは普通の電話機とほぼ同じです。そしてもちろんドアホン対応。なんて素晴らしい製品なんでしょう。

これさえあれば胸を張って「ウチFAXあるよ。電話と同じ番号で送って!」と言えるんです。いいなあ、欲しいなあ・・・

リンク
世界初!ファックス受信機能搭載。大画面液晶で内容を確認できる。受信専用おたっくすジュニア パナソニック

 子機1台つき VE-GP62DL  Yahoo!ショッピング  楽天市場  ムラウチドットコム
 子機2台つき VE-GP62DW  Yahoo!ショッピング  楽天市場  ムラウチドットコム
カスタム検索