Kさま邸LAN工事”通信機器を収納内に”

横浜市内に在住のKさまよりLAN工事の依頼をお受けしました。工事のご希望は以下の通りです。

  • 浴室天井裏からCD管が各部屋に配管されているのでそれを利用してLANケーブルを配線したい。
  • キッチンカウンター脇にある通信機器(ONU、ルーターなど)がとても見苦しい。可能なら下段の収納棚の中に収納したい。
  • リビングのアンテナ端子部と地下室にLANケーブルを配線したい。ここはCD管が配管されていない模様。

CD管が通っているところは問題なく配線できるとして、それ以外の場所は入念な調査が必要です。図面を見ながら配線ルートを探ります。

1F平面図

Kさま邸1F平面図

CD管はキッチンカウンターとリビング入り口の横に配管されています。リビングにあるテレビコンセントにLANケーブルを持ってくるには床下から配線する必要があるかもしれません。

2F平面図

Kさま邸2F平面図

2Fに関しては浴室天井裏から各部屋にCD管が配管されているので、LANケーブルの配線には特に問題はなさそう。既存の電話線をいったん引き抜いてLANケーブルと一緒に配線し直せば簡単です。

地下1F平面図

マウスオンで1F平面図に切り替わります
Kさま邸B1F平面図
マウスオンで1階平面図に切り替わります

1Fリビングの壁の位置がそのまま地下室の壁につながっています。地下室の配線位置としては1FLANコンセントの真下が配線しやすそうです。

浴室天井裏の様子

浴室天井裏の様子
拡大表示

ブースター用の電源が設置されている
拡大表示

各部屋から配管されているCD管が浴室天井裏に集中しています。既に電話線(同軸ケーブルっぽいけど電話線です)が配線されています。

配管が行っている先には問題なくLANケーブルを配線することができますね。1FキッチンカウンターにホームゲートウェイがありますからここにHUBを置けば大丈夫です。

ブースター用の100V電源も設置されているので、HUBを設置するのも容易です。最上階の天井裏ですが、夏でもここは日陰になるそうなので高温にはならない模様です。

1Fキッチンカウンター脇の処理

1Fキッチンカウンターの現状
拡大表示

通信機器がカウンター上に並んでいる
拡大表示

1Fキッチンカウンターの現状です。

KDDIの光ケーブルが配線器具の隙間から直に配線されていて、露出の光コンセントが設置されています。

SECOMにご契約をされているためひかり電話がSECOMの操作盤に分岐で接続されています。その為の露出モジュラージャックが転がっている状況。

正直申し上げて、なんとも見苦しいです・・・

カウンター下収納に設置することに
拡大表示

カウンター下にある収納内にケーブルを出して、通信機器を設置することにします。

収納上部の壁に穴を開けます。

穴あけ完了
拡大表示

穴あけ完了。100Vコンセントとテレホンモジュラー、LANケーブルを2本通すためのテレホンガイドを設置するために2連サイズでの穴あけです。フェイスプレートが穴よりも大きいのでその分のスペースを考えて位置取りしています。

間柱がなかったので2連パネルボックスを設置します。

ケーブルを通してパネルボックスを設置
拡大表示

上の穴から電源ケーブル(VVF1.6-2C)、電話線(TIV-F)、LANケーブル2本(Cat6)を通してパネルボックスを設置。

LANケーブルは、1本は2F浴室天井裏へ、もう1本は上の穴にLANコンセントを設置するための配線です。

配線器具を接続して仕上げる
拡大表示

100Vコンセント、モジュラージャックを接続して仕上げます。

モジュラージャックはひかり電話をカウンターに設置するファックス親機に接続するために設置しました。2本見えるLANケーブルの1本もカウンター上のLANコンセントに接続しています。

SECOM用の配線はフェイスプレート下からケーブルを出しました。

スッキリしたカウンター上
拡大表示

カウンター上にはケーブル類が全くなくなり、すごくスッキリしました。これが本来の姿でしょう。

本当はKDDIが設置したひかりコンセントも移動したかったんですが、光ファイバーの長さが足りず無理でした。

通信機器を設置したところ
拡大表示

あらためて通信機器(ONUとホームゲートウェイ)を接続します。ネット、電話が繋がることを確認しました。

配線したLANケーブルがCat6なので取り回しが悪く結構なスペースを食ってしまいますが、まあ棚の中なんで良しとしましょう。

地下室への配線

呼び線を上から入れる
拡大表示

地下室へは1FリビングからLANケーブルを落とし込んでの配線です。

この写真では何がなんだかわからないと思いますが、よく見ると1Fから入れた黒くて細い呼び線があるのがわかります。これを通して配線しました。

作業時間が残り少なくて他の写真を撮る事ができませんでした。スミマセン・・・

リビング床下の様子
拡大表示

ここはリビングの床下です。地下室の点検口から来ることができます。

リビングには電気式の床暖房が設置されていて、その配線が写っています。テレビ裏のアンテナ端子部分へのアクセスは難しいとの判断をせざるを得ませんでした・・・

今回の工事は写真を撮っている暇がなくて全然よくわからないページになってしまいました。申し訳ありません。1Fリビングテレビ裏への配線ができなかったのでご希望になった全てを満たすことができませんでした。残念です。

1Fキッチンカウンター部分はスッキリできたのでここは良かったです。SECOMやALSOKなどセキュリティ会社と契約をしているお宅は電話回線かネットに接続するので配線を変更する場合は注意が必要です。今回は移動距離が小さかったのでうまくいきましたが、念のためセキュリティ会社に工事することを連絡しましょう。

ONUやルーターは最初の設定が終わってしまえば普段見える所にある必要はないので、天井裏やクローゼット、今回のように棚の中に収納できればとてもスッキリします。ただ、ひかり電話などのIP電話を利用する場合はテレホンモジュラの設置が必須になるのでそこも考慮しなくてはなりません。

新築やリフォームの際は電話機をどこに置くのか、パソコンやテレビ、LANハードディスク(NAS)などをどこに置くのかを具体的にイメージして配線の計画をしてください。後悔しない住まいを手に入れるために!

カスタム検索