ktさま邸LAN工事”天井点検口設置→天井裏配管配線”

天井点検口設置→1F天井裏配管配線

ここからは2F洋室Cへの配線作業の様子です。作業内容は以下の通り。

  1. キッチン天井に点検口を設置
  2. 浴室天井裏からキッチン天井裏まで配管配線(途中ダウンライト穴を利用)
  3. 2F洋室CへLANケーブル立ち上げ
  4. LANコンセント設置、仕上げ

では、順を追って見ていきましょう。

※これまでの作業の様子はこちら

キッチンの天井の様子
拡大表示

キッチンの天井の様子です。

この上に洋室Cがありますが、バルコニーがあるのでやや下がった位置に点検口を設置します。

点検口設置完了
拡大表示

点検口の設置完了です。

具体的な設置方法は天井点検口の設置方法をご覧下さい。

2Fからの隙間が見える
拡大表示

設置した点検口の中の様子です。画像は2F洋室CでLANコンセントを設置する予定の壁の真下付近です。

2Fの壁からケーブルが通せそうな隙間が見えます。CD管が通せるかは微妙なところ。

途中にあるダウンライトの穴も利用する
拡大表示

天井裏に配管配線するために、途中にあるダウンライトを外して天井裏にアクセスできるようにします。

このダウンライトは直径200mmなので使いやすいです。

ケーブルキャッチャを伸ばして
拡大表示

浴室点検口からダウンライト付近までケーブルキャッチャーを伸ばします。

画像はダウンライト穴にデジカメを入れて撮影しています。

浴室点検口まで呼び線を通す
拡大表示

ダウンライト穴から呼び線をケーブルキャッチャーに引っ掛けて、浴室点検口から引っ張ります。

ダウンライトまでCD管が引けた
拡大表示

呼び線にCD管を接続してダウンライトまで配管します。

浴室点検口→ダウンライト間は開通しました。

キッチンの点検口からCD管を引っ張る
拡大表示

キッチンの天井点検口からケーブルキャッチャーを使ってダウンライトまで来たCD管を引っ張ります。

比較的距離が近く見渡せるので、ここは楽勝です。

CD管の配管完了
拡大表示

キッチンの天井点検口までCD管を持ってこれました。

CD管をサドルで固定
拡大表示

浴室天井裏とキッチン天井裏で適当な場所にCD管をサドルで固定します。

ここは浴室天井裏です。

CD管にLANケーブルを通す
拡大表示

浴室天井裏からCD管にLANケーブルを通します。

キッチンの点検口内の様子です。

2F洋室CのLANコンセント設置場所
拡大表示

2Fへ行って1F天井裏からLANケーブルを引っ張り出す準備をします。

ここは2F洋室CのLANコンセント設置予定箇所です。歴史を物語るハイ連コンセントが設置されています。

コンセントを外したら埋め込みボックスが取れなかった
拡大表示

コンセントを外して埋め込みボックスを取り出そうとしたら、壁が漆喰のためボックスがガッチリ固定されていて取り外せないことが判明。

仕方がないので、隣に新たに穴を開けてパネルボックスを埋め込むことにしました。

パネルボックスを設置して呼び線を挿入
拡大表示

ファイルソーと廻し引きノコを使って壁をくりぬき、パネルボックスを壁に設置しました。併せて100Vコンセントもフルカラーに更新しました。

呼び線を挿入して1F天井裏まで通線します。

1F天井裏に呼び線が通った
拡大表示

1Fキッチンの点検口から挿入した呼び線を引き出します。

LANケーブルを接続して2Fに通す
拡大表示

呼び線にLANケーブルを接続して2Fまで引っ張り上げます。

無事にLANケーブルを通すことができました。

LANコンセントを取り付けて完成
拡大表示

LANコンセントを取り付け、フェイスプレートで仕上げです。

いつもいつも思いますが、この瞬間が気持ちいいです。

CD管内電話線通線→浴室天井裏にADSLモデム移設

電話線を2本CD管に挿入
拡大表示

ADSLモデムを浴室天井裏に移設するために、電話線を2本配線します。

1本はモジュラージャック→ADSLモデム、もう1本はADSLモデム→電話機です。

浴室天井裏にモジュラージャックと電源を設置
拡大表示

電話線にそれぞれモジュラージャックを設置。右が上流(電話局側)、左が下流(電話機側)です。

右にスプリッターをつなぎ片方をモデムに、もう片方を下流側のモジュラージャックにつなぎます。モデム用の電源も設置しました。

浴室天井裏にADSLモデムとHUBを設置
拡大表示

ADSLモデムとHUBを設置しました。

配線したLANケーブルにRJ-45プラグを取り付けて、HUBに接続します。ADSLモデムとHUB間もLANケーブルでつなぎます。

設置したLANコンセントにPCを接続してネットに接続できるか確認、また固定電話が使えるかも確認をして作業終了となりました。


今回の工事は、当初全ての配管配線を1F天井裏で完結できると目論んでいましたが、モジュラージャックが設置されている壁の中から天井裏に呼び線を通すことができませんでした。従って床下経由での配管配線となったわけですが、比較的床下の高さがあったので作業はしやすかったです。無事にご希望通りの配線ができたことに自分自身納得しています。

天井点検口の設置は後からでも比較的容易にできるのですが、床下点検口の設置はほぼ無理です。収納スペースが増えるだけではなく床下を点検する時のために、また埋め込み配線のために?建築時あるいはリフォーム時にはぜひとも設置しておきたい設備です。

ktさまよりご感想をいただきました。

今回、どらあい様に依頼する前は自分で1階から2階へLANケーブルを通そうとしてACコンセントのパネルを外してメジャーを入れてみたりしていましたがどうしても自分でできなくてどらあい様に依頼する運びとなりました。

当初は1階から2階へつながれはいいと考えていたのですが依頼するにあたってせっかくなのでテレビ裏への埋め込み配線と浴室天井裏にモデムなどの機材の設置をお願いすることにしました。テレビ裏への配線は増築した部屋ということもありかなり難しいだろうと思われましたのでほぼ断られるのではないかと考えていましたがダメ元でお願いしてみました。

結果は自分が予想していたよりもいい仕上がりだったと思います。無理だと思っていたテレビ裏への配線も床下からのアクセスという形でクリアしていただきました。2階の自室への配線も天井点検口を設置することにより、PCのある場所にコンセントを配置していただきました。

また、施工に関しても丁寧に仕事をしていただきたいへん満足しています。2日がかりの作業(打合せも含めると3日間)でしたが料金もリーズナブルで良かったと思います。ありがとうございました。

ktさま、長い時間お邪魔させていただきましたこと、またこうしてページを書かせていただいたことに感謝申し上げます。本当にありがとうございました!

カスタム検索