Tシャツのノースリーブ化

夏の服と言えばTシャツが定番、暑い時期の服装はほとんどTシャツ&短パンで過ごしています。しかし最近太ってきたせいかTシャツだけなのになんだか暑いんですよね。汗をかくとTシャツの袖の部分がペッタリ腕に貼りついて腕が動かしづらく、風が入ってこないので余計に暑い。もっとデカいTシャツ着ればって??それもそうなんですが・・・

あまりの暑さにTシャツの袖をまくって肩の部分に巻きつけるのを良くやるんですけど、ふと「そうか、袖切っちゃえばちょっとは涼しさが違うかも」などと考えます。もちろん最初から袖のないノースリーブシャツ(タンクトップではなくサーフシャツって言うんでしょうか)も持っているんですけど、気に入ったTシャツをノースリーブにすればまたちょっと違った雰囲気で楽しめるし涼しいし。早速やってみることにしました。

Tシャツを裏返す
拡大表示

Tシャツを裏返した様子です。

袖と身頃部分(って言いましたっけ)が縫い付けてあるのでここをほどけば裾を外せます。切るのもいいんですけどなんか失敗しそうなんで面倒ですが丁寧に縫ってある糸を切ることにします。

糸切りバサミで丁寧に糸を切る
拡大表示

縫ってある糸を糸切りバサミで丁寧に切ります。

糸がほつれて穴が開いた
拡大表示

糸がほつれると布がはずれて穴が開きます。

布を引っ張って間の糸を切る
拡大表示

布を両側から引っ張って間にある糸を切ります。

この作業が結構面倒です。布を切らないように焦らず丁寧にやるのがコツでしょうか。

袖を外し終えた直後
拡大表示

切り終わって袖を外し終えた直後です。

糸クズがたくさんついているので根気よく丁寧に外していきます。このTシャツは黒なんですけど紺色に見えますね・・・

両方外し終えた
拡大表示

両方外すことができました。

結構着たTシャツなんですけど、こう見ると意外とキレイですね(そうか?)布を切るよりも後始末が簡単そうです。

布の後始末前
拡大表示

布の後始末後
拡大表示

あとは布の端を始末します。

と言ってもただ単に2回中へ折り返して、布がほつれないようにするだけです。上の画像が1回折り返し、さらにもう1回中へ折り返して始末します。

アイロンを使って折り返しのクセをつけるつもりでしたが、もともと縫ってあったクセがついているので簡単に折り返すことができます。

ミシンで折り返した左端を縫う
拡大表示

あとはミシンを使って折り返した部分の左端を縫い付けます。

縫った部分のアップ
拡大表示

縫った部分のアップ。

黒い糸がなかったので紺色で縫いました。よく見ると目立ちますけどよく見ないので気にしません。直線縫いなので伸縮はしませんが別にいいです(^^)

画像は特にキレイに縫えた部分をご紹介していますが悲惨な部分もあります。さらに気にしません(^^ゞ

縫った部分の表
拡大表示

表部分のアップです。

我ながら意外とキレイに縫えたことにビックリです。

試着の様子
拡大表示

試着してみた様子です。

娘に見てもらったんですが、別に変ではないとのこと。しかしもともとはTシャツだし何回も洗濯しているので既成のノースリーブシャツのようにピシッとしていませんが上出来でしょう。

でも、こんな画像公開していいんだろうか・・・お見苦しいところをお見せして申し訳ありません。

ノースリーブは腕が動かしやすいのでとても着心地がいいです。子供と外で遊ぶ時は特にそれ感じます。Tシャツは基本的に綿100%の素材なのがほとんどですから、濡れてもすぐに乾くというところはとてもいいですよね。涼しくて動きやすいので残暑があるうちはまだ活躍してくれるでしょう。

袖を外すところが面倒でしたが、それが終わればあっという間に終わってしまいました。ミシンで縫うのは好きなので他のTシャツもいくつかやってみようかと思っています。ってもう夏は終わりだよ・・・来年のために?ま、いいやね(^^)

カスタム検索