中間スイッチ

中間スイッチとは電源コード上に取り付けるスイッチのことで、機器本体に電源スイッチがないものや電源OFF時の待機電流をカットするといった用途で必要に応じて取り付けることができる便利なスイッチです。ここでは中間スイッチの取り付け方法の実際を手順を追ってご説明します。

取付の際に必要な工具はドライバーやペンチなどの基本的なもので済みますし、コンセント増設などの工事と違い電気工事士の資格を持っていなくても作業を行うことができます。従って作業のポイントを掴んで行えば誰でもできる内容になります。

しかしAC100Vが流れる回路を作ることになる訳ですから作業不良によって発火する可能性もあります。確実に作業を進めていきましょう。

※あなたがこのページの情報を下に作業した結果について、当サイトは一切の責任を持ちません。また、あなたの作業内容を保証するものではありませんので、自己責任の元で作業されますようお願い致します。

中間スイッチ外観
拡大表示

中間スイッチ外観。この製品はパナソニック電工製中間スイッチWH5403B(ブラック)です。

パナソニック電工では消費電力に合わせて3A、7A、10Aの中間スイッチをラインナップしています。写真の中間スイッチは一番小さい3Aタイプで300Wまでの器具に取り付けることができます。同様に7Aは700Wまで、10Aは1000Wまでの器具となります。

カラーはブラックのほかにホワイト(WH5403W)とグレー(WH5403H)があります。

電源コード(プレイステーション2付属品)
拡大表示

今回中間スイッチを取り付ける電源コードは、プレイステーション2に付属の電源コードです。

プレイステーション2は前面にあるソフトウェアスイッチと背面にあるメインスイッチ、2つのスイッチがあります。中間スイッチを取り付けることで背面にあるメインスイッチの代わりとして機能させる事ができます。

中間スイッチのフタを開ける
拡大表示

早速取付作業に入りましょう。まずは中間スイッチ裏面のビスを緩めてフタを開けます。

中間スイッチ内部の様子
拡大表示

中間スイッチの内部の様子です。電源コードを接続するビス4本も外してあります。

写真を見るとわかりますが、2本ある回路の1本だけにスイッチが入っていてもう片方は直結になっています。このような構造のスイッチを片切(かたぎり)スイッチと呼びます。一般住宅の壁についている照明スイッチもこの構造のものがほとんどです。

電源コードの任意の場所を切断
拡大表示

中間スイッチを取り付けたい場所をペンチ等で切断します。

なるべくプレステ本体に近い場所にしたいのでこの付近を切断します。切断する位置は芯線を出して接続する分も含めて多少余裕があるほうがいいです。

電源コードの外皮を剥いて芯線を出す
拡大表示

切断した電源コードのそれぞれについて外皮をむいて芯線を出します。

写真で使用している工具は外皮むき専用工具のワイヤーストリッパーです。外皮むきはニッパーやペンチ、あるいはカッターでもできますが芯線を傷つけたり切断したりすることがありますので丁寧に行って下さい。大体ですが12~13mmの長さで芯線を出します。

芯線は時計回りにねじり、時計回りに曲げる
拡大表示

外皮をむいて芯線を出したら芯線に向かって右回り(時計回り)にねじり、写真のように両方の線を右回りに曲げるようにします。ここ重要です。

こうすることによって中間スイッチに接続するとき緩みなくしっかりと接続することができます。

芯線は左側からネジに巻きつける
拡大表示

中間スイッチに電源コードを接続します。

接続する端子はネジで締め込む形です。ネジは右回りで締まっていきますので左側からネジに巻きつけるようにします。反対にするとネジを締めこんだ時に芯線が逃げてしまってうまく接続することができません。四つすべて同じように接続します。

電源コードを確実に接続
拡大表示

電源コードと本体をしっかり固定してねじ込みます。

この接続がしっかりできていないとスイッチを入れたときに熱を持ったりして危険です。確実に固定します。

電源コードの接続完了
拡大表示

電源コード接続完了。

確認することとしては、引っ張っても容易に外れないこと、接続したときに余った芯線が隣りの端子まで飛び出たりしていないこと、です。

最後にフタを取り付ける
拡大表示

最後にフタを取り付けます。

フタは電源コードの被覆部分を押さえつける役目もしますので、締め込むのに多少力が必要です。

作業完了。スイッチ裏側
拡大表示

作業完了。スイッチ操作部
拡大表示

作業完了です。

操作はスライドスイッチをスライドさせることで行います。実際にしばらく使ってみて熱を帯びていないか確認しましょう。

中間スイッチの用途は広範囲ですが、電源をOFFにしても待機電流が流れている機器に取り付けると電気の節約になって効果的です。プレイステーション2のような電源を内蔵しているタイプの機器に向いていると思います。(プレステ2はメインスイッチをOFFにすれば待機電流は流れません)ウチではクリスマスの時期に使うイルミネーションライトにも使っています。

ここでご紹介した中間スイッチ(パナソニック電工WH5403B)は平形コード用で、2芯の平行線用スイッチです。また、機器の消費電力によって電源コードの太さも変わりますから、それに見合ったスイッチをお使いください。

パナソニック電工では以下の中間スイッチをラインナップしています。

品名 型番 接続コード種別 標準価格
(税別)
ベター3A中間スイッチ WH5403W(ホワイト)
WH5403B(ブラック)
WH5403H(グレー)
平形コード用 210円
ベター7A中間スイッチ WH5007K(ホワイト)
WH5007BK(ブラック)
袋打コード用 320円
ベターランプ付き7A中間スイッチ WH5017W(ホワイト)
WH5017B(ブラック)
袋打コード用 590円
ベター小型7A中間スイッチ WH5407(ホワイト)
WH5407B(ブラック)
WH5407H(グレー)
平形コード用 280円
ベター10A中間スイッチ(両切) WH5201(ホワイト) 袋打・平形コード両用 430円

※袋打コード:コタツやアイロンなどの電熱機器の電源コードなどに用いられる耐熱性に優れたコード。

カスタム検索