スケール(巻尺)

スケールは長さを測るだけの道具ではない

スケールというと聞きなれない方もいらっしゃると思いますが、単に巻尺のことです。他にもメジャーとかコンベックスという呼び方もしますがそれらすべて巻尺のことです。2mから10mぐらいまでの製品がだいたい\1,000~\3,000ぐらい、というのが一般的です。

スケールは一般的に長さを測定する道具なのですが、優れた直進性を活かして通線工具(呼び線代わり)としても使うことができます。

具体的な用途としては、点検口内から中空壁を通り真下にあるスイッチボックス穴まで通線したいとか、フロア間の隙間を利用して通線したいとか、通線スチールではクセが付いていて通しづらいケースで威力を発揮します。

また、呼び線として使うことを前提に考えられたスケールも販売されていて(呼び線としての目的が主)、天井裏の野ぶちがたくさんあるところを簡単に乗り越えていく、そういった製品もあります。

ここでは、屋内配線工事を前提にどんなスケールが便利なのか、また長さを測定するものとはちょっと違う、近所にあまり売っていないものやスケールを通線工具として使う方法もご紹介します。

スケールの選び方

ホームセンターやDIYショップなどに行くとたくさん売っていますが、そのほとんどが長さを測定するだけの機能のものです。(ってスケールなんだから当たり前なんですけど)スケールを求めているならばそれらのもので十分役目は果たすのですが、一歩進んで屋内配線工事で使い勝手の良いスケールとはどういうものか考えてみたいと思います。

1.幅の広いもの
幅の広さは直進性や腰の強さに影響するため、なるべく幅の広いものが使いやすいです。上方向に伸ばしていった時、幅の広い方がより高く伸ばすことができます。
2.ストッパー付き
巻尺を伸ばして離すとスルスルと戻っていきますが、戻らないようにストッパーがついているものです。まあだいたいついていると思いますが任意の場所で固定することができるのでこの機能は必要です。
3.スケール自体の軽さ
長いスケールはそれ自体結構な重さになるので、扱いやすさという点では軽いものの方がよりいいです。

スケールの長さはDIY使用で考えると5mぐらいのものが適当だと思います。

スケールの素材について
スチール製のスケールがごく一般的で、非金属製より腰が強いのが特徴です。しかし電気工事に関しては感電する可能性があるので非金属製のスケールを使う方がより安全です。また、スチール製は温度によって伸縮するので正確な測定をする際は注意が必要です。素材については作業するスタイルに合わせて選ぶようにしましょう。

これらを踏まえてスケールを選びましょう。

屋内配線に便利な一般的スケール

タジマツール「Gロック25」GL25-55BL(5.5m テープ幅25mm ストッパー付き)

幅25mmのスチール製テープで、水平方向に約2.4m、垂直方向に約3.8mまで支持なしで伸ばすことができます。テープ巻取り時にフックを守るガードバンパー及びショックアブソーバー機能付き。

Yahoo!ショッピング  楽天市場  Amazon.co.jp

タジマツール「Gステンロック25」GSL25-55BL(5.5m テープ幅25mm ストッパー付き)

サビに強いステンレス(SUS420)をテープに使用したコンベックス。テープを戻す時のバネもステンレスとすることで濡れたままテープを戻してもサビません。スチール製テープと比較するとやや腰が弱いです。

Yahoo!ショッピング  楽天市場  Amazon.co.jp

タジマツール「Gスパコン25」GSP25-55BL(5.5m テープ幅25mm ストッパー付き)

スチール目盛りの上に透明ナイロンを被覆したテープを採用。汚れた場合は水洗いできます。ステンレスバネ使用、ショックアブソーバ機能付き。腰の強さはステンレステープと同等です。

Yahoo!ショッピング  楽天市場  Amazon.co.jp

PROMATE「非道電コンベックス」ND1935(3.5m テープ幅19mm ストッパー付き)

測定部(テープ部)の素材として、高い絶縁性を有するアラミド繊維「ケブラー」を使用しています。引っ張り強度はスチール製の約5倍、軽さはスチール製の約1/5、ガラス繊維製の約3/5を実現。ケースと併せての軽量、小型化を実現しました。

Yahoo!ショッピング  楽天市場  Amazon.co.jp

屋内配線に便利な特殊スケール

よび線メジャー

PROMATE「よび線メジャー」E-4403(10m テープ幅25mm ストッパー付き)

通常、巻上げが自動なのに対しテープの繰り出しが自動のスケールです。先端にローラーがついていて、OAフロア内や天井裏などのフラットな場所で呼び線として使うことができます。巻上げは手動。

Yahoo!ショッピング  楽天市場

テープ幅と身長性能をまとめた表はこちら(タジマツール:PDFファイル)

この表からも、幅の広いテープのほうがより遠く、高く伸ばすことができるのがわかります。

スケールを通線工具として使う方法

ここからは実際の通線作業の中で、スケールを使って作業する方法をご紹介します。逆にスケールでないと通線できないケースでもありますので参考になると思います。

前述の通り、天井点検口から真下にあるスイッチボックス穴まで通線するとか、フロア間の隙間を通線する時に通線スチールでは通しづらい、というところで使います。以下の説明はフロア間通線作業でのスチール使用方法です。CD管を別フロアまで通すのページでこのテクニックを使っています。

スケールで通線:ボックス穴からスケールを入れる
拡大表示

スイッチボックス穴からスケールを差し込み、真っ直ぐ突き当たるまで伸ばしていきます。

こういう時にストッパーがあるとないとでは作業性が全然違います。ストッパーがないと手で押さえる、あるいはテープ等で固定してスケールが戻らないようにしないといけません。

スケールで通線:下のフロアの天井裏に来た
拡大表示

下のフロアにある天井点検口内から差し込んだスケールが見えます。これを引っ張り出せば上と下がつながることになります。

スケールで通線:引っ張り出せば呼び線として使える
拡大表示

引っ張り出せました。呼び線として使うことができますね。

オレンジ色のCD管が2本通っていますが、薄い色のCD管をこの方法を使って通しています。

スケールは狙った所に届かせることができますから、この方法は結構有効です。通しづらい場所があったらやってみてください。 スケールといってもいろいろな製品が販売されていますが、高性能で自分に合った使いやすいものを選ぶようにしましょう。使い方を工夫すれば便利な道具にもなります。埋め込み配線を達成するためにもひとつは持っておきたい工具です。